戻る
恒例の盛岡三喜会新年会は、夏に続いて本堂寛先生を迎えて開催されました。
最初に村井軍一会長より、 「これから何かにつけて助けられ・支えられることが多くなるので、
お互いに助け合っていける会にしたい」と挨拶。

次に一番年少(誕生日の関係)の大矢邦宣くんの乾杯の音頭で開宴。

その後、本堂先生より次のような話しが・・・・・。
「昭和7年生まれで、昭和20年に盛岡中学に入学。26年の卒業なので、みんなより11年先輩
になる。 入学試験は、体力検査と口頭試問(面接)だけだった。 敗戦後の学制改革で、直ぐに
新制盛岡一高1年生に、そして2,3年は統合盛岡高校生となり卒業。 当時は、スポーツではど
の種目でも県内に敵無く、毎年優勝旗祭を行っていた。
昭和34年、君たちの入学とともに盛岡一高へ赴任。しかし当時の学校には、私の一高時代の1年
担任の矢羽々先生、3年担任の沼宮内先生など恩師が沢山いて、頭が上がらない毎日でした。
授業では、2,3年に行くとどんな質問が出てくるのかと不安で、暫くは膝がガクガクしましたが、1
年生のみんなの処に来るとホッとしたものです。等々。」
本堂先生の挨拶
(高橋盛佳)  村井軍一会長の挨拶
続いて、順番に全員が近況のスピーチを行った。 その中で 「高血圧」 「前立腺肥大」 「がん」
等の病気と仲良く付き合っていることや呆け始めた親や親戚の介護に奮闘していること、子供が
結婚することや婿さんを募集している等の話しが共通して出された。
しかし、みんな気分はいつも通りの白亜健児でした。
会場の模様
小原徳応・藤沢秀雄・影山茂
佐藤倫郎・小澤紘    伊藤恒延・吉田哲雄・佐藤文俊
佐藤倫郎・大信田俊明・小澤紘
           ・武田寿郎・藤原征二良
本堂先生・飯島仁・多田信哉・伊藤恒延・吉田哲雄・佐藤文俊
               植本勝郎・武田寿郎・小澤紘
スピーチ
松尾繁
影山茂  (吉田範幸)
大矢邦宣
菊池長一郎  (小原徳応・藤沢秀雄)
(小澤紘) 武田寿郎  (藤原征二良・植本勝郎・村井軍一)
(大信田俊明) 小澤紘 (武田寿郎・藤原征二良)
(多田信哉) 伊藤恒延 (吉田哲雄・佐藤文俊)
              前川浩
  (佐藤倫・小澤・大信田・武田・藤原・植本・村井)
(多田・伊藤)  吉田哲雄  (佐藤文俊)
本堂先生からは 「みんなのスピーチが上手だ。話の仕方・内容のどれをとっても素晴らしい。
流石、盛岡一高生だ。」 とお褒めの言葉を頂きました。
「こいつぁ正月早々縁起が良いわい!」 (高橋盛佳感想)

最後に全員で校歌を最後まで斉唱し、先生・三喜会・盛岡一高にそれぞれエールを送り、次に会う
日まで・・・・。と言って散会した。
校歌・エール
 校歌用意!   世に謳われし浩然の 大気をここに鐘めたる 秀麗高き岩手山  
フレーフレー 本堂さん      がんばれーがんばれー 三喜会    ・・・・・・・・ウラーウラー 一高
盛岡三喜会17年新年会